iPhoneアプリは宣伝が大事です

iPhoneアプリはIOSが6あたりまではアップストアに掲載するだけでかなりのユーザーがダウンロードしてくれたようですが、現在ではアップストアで掲載されても他の知名度の高いアプリを優先するユーザーが多くなっていると言われています。

そのため、iPhoneアプリはアップストア以外での宣伝が重要視されています。
アップストア以外での宣伝についてはTwitterやFacebookなどのSNSを利用する場合とYoutubeなどの動画配信サイトでの広告が重要視されています。



SNSを利用する場合には公式FacebookページやTwitterで公式アカウントとしてスタートさせることが多いようです。

どちらの場合もアプリについての説明文を掲載するほか、利用者への質問に答えるヘルプデスクととしての役割も担うことが多くなっています。また、古くからあるiPhoneアプリの説明ホームページやブログについても引き続き利用されており、分かりやすい記事と画像でユーザーへアプリを薦めています。
また、最近特に注目されているのがYoutubeです。



Youtubeは無料で動画が公開できるサイトですが、有料アプリでも自社広告でもアップロードすることができるのが特徴です。



そのため、プロモーション動画やアプリの動作を動画にしたものなども無料でアップロードできます。

そして、実際にアプリを使う利用者がYoutubeを使っていることが多く広告効果がとても高いと注目されています。