新型iPhoneは仕様が大きく変更されます

iPhoneは従来まで2年縛りで購入することが条件とされていましたが、新型ではそういった成約なくiPhoneを購入できるようになります。
なので、新型iPhoneを買った来年の年はまた新型iPhoneが出ても仕方なく見送るといった事態がなくなります。

これは総務省からの直々の通達なので、どこの通信会社も適用されるようになります。

なので、基本的にどこの通信会社からiPhoneを買っても同じということになり細かい違いはポイントサービスなど通信会社が設定しているプランの違いだけということになります。



また韓国の有名電子メーカーが開発に絡んでおり、新型のA9チップというのはそこで作られています。

その韓国の有名電子メーカーは世界中から優秀な人材をヘッドハンティングしており日本の技術者もそこに沢山在籍しています。

なので、その性能はかなり期待できるといっても良いです。



また内部設計が大幅に変わるので、分解した場合従来とは違う配列や配置などが見られるようになります。

これはサイズの小型化や軽量化などにあたって設計を最初から見直すために行われています。

また女性用にピンクの配色も登場し、より若い女性が購入しやすくなります。



性能や仕様が大きく変わりますが価格は従来と同じなので、安心して買うことが出来ます。

またストレージの最小容量は従来よりも大きくなるので、より沢山のデータを保存できるようになります。

アプリを沢山入れる人が増えたので、それに伴い容量のアップを望んでいる人が多いことが要因として挙げられます。