iPhoneの液晶を守る

iPhoneの液晶は3.5インチから5.5インチまでさまざまですが、どの世代のiPhoneでも強化されたガラスが採用されているので爪があたったりした程度では傷が付かないと言われています。
しかし、いくら強化されているとは言っても、ある程度の高さから落としたり、落ちた場所がコンクリートだったりすると比較的簡単に液晶にヒビが入ったり、割れてしまうようです。



iPhoneは普段持ち歩くものですし、ストラップをつけるホールがないのでそのまま持っていることが多いため、思った以上に落下による故障が多いようです。
落下による故障を防ぐためには一般的に耐衝撃性のケースを利用するのですが思った以上にごつい形状をしているので利用をためらう方が多いようです。

そこで最低限の守りではありますが、液晶保護シートの耐衝撃性を追加した商品をオススメします。

フィルムタイプが多いですが、落下時の衝撃を吸収する、また、液晶のダメージを減らす効力があるので何もしないよりはかなりの衝撃に耐えると言われています。



また、落下以外にiPhoneに衝撃を加えても液晶は割れてしまうことがありますが、それについても耐衝撃性のあるフィルムやマットタイプのシートであれば衝撃から守ってくれるようです。



また、耐衝撃性のあるフィルムはもともとの保護フィルムの機能はありますので、光沢、非光沢などは選べます。

追加的な機能ではありますが、実用性があるので検討してみることをオススメします。